トップページ > 施工実績 > 平成30年度志布志港(新若浜地区)岸壁(ー14m)ケーソン制作工事

平成30年度志布志港(新若浜地区)岸壁(ー14m)ケーソン制作工事

「新若浜地区」では,船舶の大型化やコンテナ貨物の輸送効率化に対応するため,水深―14mの岸壁を備えた「国際物流ターミナル」の整備が進められており,平成21年3月には1バースが共用開始し,平成30年4月からは,船舶の2隻同時接岸に対応するため,岸壁延伸(L=80m)の整備が着手されました。

今後,志布志港は背後地域の発展に寄与し,南九州の国際物流拠点として,ますます成長していきます。

志布志港の概要【鹿児島県ホームページ】

 


  • 平成30年度志布志港(新若浜地区)岸壁(ー14m)ケーソン制作工事
  • 平成30年度志布志港(新若浜地区)岸壁(ー14m)ケーソン制作工事
  • 平成30年度志布志港(新若浜地区)岸壁(ー14m)ケーソン制作工事
  • 平成30年度志布志港(新若浜地区)岸壁(ー14m)ケーソン制作工事
  • 平成30年度志布志港(新若浜地区)岸壁(ー14m)ケーソン制作工事

工事名

平成30年度志布志港(新若浜地区)岸壁(ー14m)ケーソン制作工事

工事場所

鹿児島県志布志市志布志町若浜地先

発注者

九州地方整備局

工事概要

ケーソン製作 1函

竣工

令和1年9月

責任者

假屋 修一

監理技術者

野間 匠平

同じカテゴリーの工事実績

トップへ戻る