トップページ > 施工実績 > 土木 > 奥之宇都線30-1 社会資本整備総合交付金

奥之宇都線30-1 社会資本整備総合交付金

 姶良市蒲生町と鹿児島市東佐多町を結ぶ「宇都トンネル」は、現トンネルが建設から40年以上が経過しコンクリートの劣化等による漏水や、幅員が狭い事により大型車の離合が困難など、老朽化対策・安全対策として新たに建設されたトンネルです。

DCIM100MEDIADJI_0068.JPG


  • 奥之宇都線30-1 社会資本整備総合交付金
  • 奥之宇都線30-1 社会資本整備総合交付金

工事名

奥之宇都線30-1 社会資本整備総合交付金

工事場所

姶良市蒲生町下久徳地内

発注者

姶良市役所

工事概要

トンネル(NATM)L=139.0m 全長L=272.0m

竣工

令和元年10月

責任者

井上 薫

監理技術者

坂元 健

その他

南生・第一特定建設工事共同企業体

同じカテゴリーの工事実績

トップへ戻る