トップページ > 施工実績 > 土木 > 道路整備(交付金)工事(黎明トンネル)

道路整備(交付金)工事(黎明トンネル)

県道・川内串木野線は、川内原発で重大な事故が起きた際、住民らの避難経路になります。しかし、道幅が狭い上、海側では、大潮の時に波が道路にかかることもあるなど避難経路として不安視する声が出ていたため、黎明トンネルが整備されることになりました。

工事は、道路整備(交付金)工事(黎明トンネル)として、南生・新留・五月特定建設工事共同企業体で平成29年7月に着工し、無事完成しました。


  • 道路整備(交付金)工事(黎明トンネル)
  • 道路整備(交付金)工事(黎明トンネル)
  • 道路整備(交付金)工事(黎明トンネル)
  • 道路整備(交付金)工事(黎明トンネル)
  • 道路整備(交付金)工事(黎明トンネル)
  • 道路整備(交付金)工事(黎明トンネル)

工事名

道路整備(交付金)工事(黎明トンネル)

工事場所

鹿児島県いちき串木野市荒川地内

発注者

鹿児島県 鹿児島地域振興局

工事概要

トンネル延長742m

竣工

平成30年10月

責任者

味園 英明

監理技術者

岩永 武士

スタッフ

二石 充

同じカテゴリーの工事実績

トップへ戻る