トップページ > 会社案内 > 南生建設の取り組み

南生建設の取り組み

ISO&OHSAS

“北に雄大な霧島山系、南に世界遺産の屋久島、眼前には火を噴く桜島と風光明媚な錦江湾”、この豊かな自然に囲まれた南国薩摩の国“鹿児島”で、建設業の一員として事業を営む南生建設株式会社は、良質な社会資本の形成を通じ、より豊かな国民生活を実現するために社会から信頼される確かな物造りをするという重要な役割と責任を担っています。

また、当社の行う建設事業は環境や安全衛生とのかかわりが深く、その事業活動の中で環境保全や安全衛生活動に取り組んでいくことは、企業として当然の責務であります。このような観点に立って、当社の“社訓”に基づく会社方針を設定し、全員参加の活動で方針達成のために邁進いたします。

社訓

会社方針

会社方針

”お客様に信頼され満足していただける構築物を永続的に提供するために、技術と経営の向上を図るとともに、安全施工と環境保全・保護活動及び情報セキュリティに積極的に取り組み、全社一丸となり統合マネジメントシステムの有効性の継続的改善と環境汚染の予防を推進します。”

具体的な活動項目

  1. 技術の向上と経営の安定化を推進し、顧客に信頼され満足される構築物を提供する。
  2. 公害防止や汚染防止に努めるとともに、省エネルギー、建設副産物の削減、リサイクル、グリーン製品の採用に積極的に取り組む。
  3. 環境に配慮した設計・施工の推進により、環境負荷の低減を図る。
  4. 負傷及び疾病の予防に努め、方針達成のためにそのパフォーマンスの向上を図る。
  5. お客様からお預かりした情報をはじめ、保有する情報資産を漏洩、紛失、盗難、改ざんなどのリスクから保護し、企業としての高い信頼性を維持する。
  6. 法律、規制等、及び当社が認めるその他の要求事項を順守する。
  7. 社内外に広くコミュニケーションを図り、方針の公開など必要な情報の開示に努める。
  8. 本方針を達成するために、目的・目標を定め、レビューします。

審査登録

審査登録機関 株式会社マネジメントシステム評価センター(MSA)
認証番号

MSA-SS-152(OHSAS)
MSA-ES-1042(EMS)
MSA-QS-3761(QMS)
MSA-IS-214(ISMS)

認証日 2011年9月28日(OHSAS)
2003年4月25日(EMS)
2000年5月10日(QMS)
2017年7月25日(ISMS)
有効期限 2020年1月19日(OHSAS)
2018年1月20日(EMS)
2018年1月19日(QMS)
2020年7月24日(ISMS)
適用規格 JIS Q 14001:2015(ISO14001:2015)
JIS Q 9001:2015(ISO9001:2015)
OHSAS 18001:2007
JIS Q 27001:2014(ISO/IEC27001:2013)
適用範囲
  • 土木構造物、港湾構造物及び建築物の設計・施工・解体(EMS、QMS、OHSAS、ISMS)
  • アスファルト混合物及び再生路盤材の設計・製造・販売(EMS、QMS)
認証範囲に含まれる関連組織

EMS、QMS、

  • 本社
  • 熊本営業所
  • 大隅営業所
  • 姶良営業所
  • 北薩営業所
  • 南薩営業所
  • 熊毛営業所
  • 南九州アスコン工場
  • 南九州リサイクルセンター
  • アドバンテック南薩アスコン工場
  • 車庫
  • 重機置場

OHSAS

  • 工事本部、建築本部、総務部、安全労務部、営業本部
  • 熊本営業所
  • 大隅営業所
  • 姶良営業所
  • 北薩営業所
  • 南薩営業所
  • 熊毛営業所
  • 車庫
  • 重機置場

ISMS

  • 工事本部、建築本部、総務部、安全労務部、営業本部
  • 熊本営業所
  • 大隅営業所
  • 姶良営業所
  • 北薩営業所
  • 南薩営業所
  • 熊毛営業所
トップへ戻る